ゆうらり Happy Smile
【あなたの知らない胃全摘後の世界】胃がん手術の翌日、自分が別人に

【あなたの知らない胃全摘後の世界】胃がん手術の翌日、自分が別人に

ステージ3B-多発性高度リンパ節転移胃癌
2018/12/15
胃がん_ブログ_ゆうらりHappySmile_管理人M_イラスト_アイコン_画像
M
#胃がんブログ #胃がん闘病記録 #胃がん根治手術 #胃がん手術 #胃全摘手術 #胃がん手術後の歩行練習 #胃がん手術後の歩行 #胃がん治療 #胃がん手術翌日 #胃がん手術直後

ICU集中治療室

前回の続き。胃がんの根治手術後、全身麻酔から目が覚めた時の私は、ICU(集中治療室)にいた。目の前には兄が付き添っていたが、開口一番「手術は10時間かかって無事に終わったよ」と教えられた。

▼前回の記事

【胃がん 根治手術】一瞬で終わった胃の全摘出と我が人生38年間

2012年4月5日は、胃がんになった私の「根治手術」がおこなわれた日です。前日の4日、東京・築地の「がんセンター」に入院。翌朝8時過ぎ、車椅子に腰掛けた私は、看護師さんに押されながら手術室へ向かいました。▼ 前回の記事胃がんの全摘手術直前、母親の言葉に心が乱れるこんにちは。胃がんブログの管理人Mです。今回からはいよいよ、胃がん根治手術の当日に話しを進めます。私にとっては人生最大の出来事である「胃の全摘」とい...

全身麻酔

胃がんの根治手術後、ICU(集中治療室)での状況

目が覚めて最初に視界に入った景色はICUの天井だったが、グルグルと回って見えた。兄からは、40℃の高熱があると教えられた。その時はまだ、意識が朦朧としていた。

朝から始まった胃がんの手術は10時間ほどかかったので終わった時はすでに夜になりかけていた。しかし、私にとっては瞬きしているうちに終わったようなもので、全身麻酔で長時間のあいだ眠っていたのすら記憶にない。一瞬で夜にタイムスリップした感じだった。

目が覚めた時、片手が麻痺して感覚がないことに気付いた。手術中、手が何時間も体の下敷きになっていたのか?と思った。そして異常な寒気を感じ、しかも体中に管が刺さっていて身動きが出来なかった。

肝心な、手術をしたお腹の患部あたりのことはよく分からない。恐いので、とりあえず力を入れないようにしていた。身内が帰り、ICUに訪れた主治医と話した後は再び深夜まで眠りについた。

ICU(集中治療室)で頻繁な下痢と寒気に苦しむ

深夜に目が覚めた私は高熱のせいか、強烈な寒気と頻繁な下痢で苦しんだ。この日は自力で動けなかったので、何度もナースコールで看護師さんを呼んだ。

ベッドで人の手を借りて用を足すのが何とも惨めな感じだったが、ICUの看護師が男性だったのがせめてもの救いだった。

結局、深夜に目が覚めた後は下痢と寒気に苦しみ、朝まで眠れずに過ごした。

胃がんの根治手術翌日、突然の「歩行訓練」に困惑

胃がんの手術翌日。これからの自分がどうなるのかが全く分からない。なにぶん、手術を迎えるまでの間に本などで情報収集せずにきてしまった私。このあと何がどのように進んでいくのを知らずにいた。

気がかりなのは食事のこと。今は点滴をしているから当分の間は何も食べずに過ごすのだろうけど、胃が無くなった後の食事ってどうなるのだろう。

手術の前後はいろいろな意味で精神的に負担がかかる出来事が多い。時には大変なショックやストレスを感じることもある、というのが自分が経験した上で言えることだ。これから胃がんの手術を控えている場合、出来ることなら事前に情報収集しておくことをおすすめする。

お昼前くらいの時間だったと記憶しているが、女性の看護師さんがやって来た。

「Mさん。今日から歩行訓練をしてもらいますからね~」

ハッ!?

歩行訓練??昨日手術したばかりで!?

まさかといった予想外の展開で、本当にビックリ!と同時に、困惑したのを覚えている。

スポンサードリンク

胃がん手術後、初めて上体を起こしたら呼吸困難

今、自分の体に10本近くいろんな管が刺さっている状態だし、お腹の手術もしたばかりだよなぁ。傷口が塞がっているのだろうか?こんな状態でオレって動けるの??

「早くリハビリをすることで回復も早くなりますからね。今からさっそくやってみましょうか。まずは起きてみて下さい」

そうなのか。翌日からリハビリを始めるものなのね(汗)ならば、ということでまずは起き上がることにした。

ヨッと起きようとするが、お腹に力が入らないので起き方が分からない。いったん横向きに寝返ってから体を起こすように教えられた。

言われた通りにやりつつ、ベッドの柵を掴んだり、看護師さんの手を借りながら何とか起き上がった。

すると、私の中で今まで生きてきたのとはまるで違う世界にいる感覚がした。

ここは地球なのか?と思えるくらい、今までの何倍もの重力が上からのしかかるようで、もの凄い負荷を感じた。

お辞儀をしているような体勢まで起き上がったら、呼吸が出来なくなった。呼吸困難で、あえなくいったん中止。午後になったらもう一度やってみましょうと言い残し、看護師さんは去っていった。

胃がんの手術を境に"別世界"を実感、自分が『別人』になっていた

午後になりもう一度、歩行訓練にチャレンジした。何とか時間をかけ、起き上がることまでは出来たのだけど、体が重すぎて立つことがやっとの思いだった。

看護師さんの付き添いのもと、タイヤが付いた歩行器を使って歩き始めた。ICUの部屋を出ると、廊下がグルっと一周できるようになっていた。歩行訓練の為みたいだ。

歩行器

しかし、いざ歩行訓練を始めると、歩行器に寄り添っているのにまともに歩くことすら出来ない。起きていると呼吸が苦しく、体が異常に重たい。こんな状態では立っていることすら厳しかった。

結局、この日は10メートルも歩けずに終わった。自分の中では一瞬で終わったつもりの胃がん手術だったが、起き上がったらまるで別世界にいる自分を体験したことで、ただならぬ事態に気付かされた。

自分が全身麻酔で寝ている間、もの凄い大手術が行われたこと。そして、手術の前後を境として自分が全くの別人に変わってしまっていたことに唖然とさせられた。

(初回投稿:2018年5月14日)

この記事が気に入ったら
いいねとシェアしよう!

あわせて読みたい
data-matched-content-ui-type="image_card_stacked" data-matched-content-rows-num="6,2" data-matched-content-columns-num="1,5"
現在の人気記事はコチラ!
ステージ3B-多発性高度リンパ節転移胃癌