ゆうらり Happy Smile
桑田佳祐wiki経歴は?病気の悩み「食道がん」手術後の後遺症を初告白

桑田佳祐wiki経歴は?病気の悩み「食道がん」手術後の後遺症を初告白

がんニュース
2021/09/17 0
胃がん_ブログ_ゆうらりHappySmile_管理人M_イラスト_アイコン_画像
M
#桑田佳祐 #サザンオールスターズ #桑田佳祐wiki #桑田佳祐プロフィール #桑田佳祐がん #桑田佳祐病気 #桑田佳祐アルバム #食道がん #逆流性食道炎 #2chまとめ
桑田佳祐さんのWikipedia(経歴・プロフィール)

桑田 佳祐(くわた けいすけ、1956年〈昭和31年〉2月26日- )は、日本の男性ミュージシャン、シンガーソングライター。自身がバンドマスターを務めるサザンオールスターズのボーカル・ギターを担当。神奈川県茅ヶ崎市出身。所属事務所はアミューズ。所属レコード会社はJVCケンウッド・ビクターエンタテインメント、所属レーベルはタイシタレーベル。

  • 出生名: 桑田 佳祐
  • 別名:
    嘉門 雄三
    桑竹 居助
    JOHN PAUL MacLENNON
    夷撫 悶汰
    古賀 紅太
    波乗亭 米祐
    稲川ジェーン・フジオカ
  • 生年月日: 1956年2月26日 (年齢 65歳)
  • 出生地: 神奈川県 茅ヶ崎市
  • 学歴: 青山学院大学経営学部除籍
  • 両親: 桑田 久司
  • 配偶者: 原 由子 (1982年から)
  • 子女: 桑田 祐宜
  • 職業: シンガーソングライター、作詞家、作曲家、編曲家、慈善活動家、ラジオパーソナリティ
  • 活動期間: 1977年 -
  • ジャンル: ポップ・ロック、J-POP、歌謡曲
  • 事務所: アミューズ(1978年 - )
  • 公式サイト: SOUTHERN ALL STARS OFFICIAL SITE

引用:桑田佳祐 - Wikipedia

AERA-アエラ-2021年9月27日-増大号-【表紙-桑田佳祐】
出典:AERA (アエラ) 2021年 9/27 増大号【表紙:桑田佳祐】|セブンネットショッピングより

78年、サザンオールスターズのボーカル・ギターとして、シングル「勝手にシンドバッド」でデビュー。79年「いとしのエリー」が大ヒットし、国民的ロックバンドに。87年以降、ソロでも活動。EP「ごはん味噌汁海苔お漬物卵焼き feat. 梅干し」が発売中。全国アリーナツアー「BIG MOUTH,NO GUTS!!」が開催される。

引用:Yahoo!ニュース

桑田佳祐 がん手術後も不調続く

桑田佳祐(くわた_けいすけ)-イラスト-似顔絵-ミュージシャン、シンガーソングライター-サザンオールスターズのボーカル・ギター「歌は空っぽの自分がバランスを取るためのアイデンティティー」。昭和、平成、そして令和と、桑田佳祐は40年以上にわたって自作のポップスを音楽シーンの第一線で歌ってきた。

ひとたびステージに立てば65歳とは思えないパワフルなパフォーマンスを見せる。

しかし実は2010年の食道がん以降、人知れず続いてきた闘いがあった。

「手術の直後から、強烈な逆流性食道炎のような症状を頻繁に繰り返すようになってしまった。僕の場合は胃の一部と食道を切除したんですが、その時に胃の弁も取っちゃったんで、喉の近くまで引っ張り上げた胃の入り口が開きっ放しの状態。その日の体調やメンタルも含め、何かのきっかけで、胃や大腸の動きが悪くなって逆流が起きてしまう。そういう日は高熱が出たり、嘔吐したり、咳が出たりして。それが3日間くらい続くこともある。悪化させると肺炎にもなりかねないので、夜間はベッドで寝ることもあるけど、ここ数年はほとんどリクライニング・チェアで頭の位置を高くした状態で寝ています。ハンデと言うほど大袈裟なことでもないけれど、これが音楽活動を続けるうえでの最大の難敵。でも、もっとつらい状況で闘っている方々はいっぱいいるし、これも自分の実力のうちだと思って背負っていくしかないんです」

以下より、一部抜粋。全文はソースでご覧ください

引用:「僕自身は空っぽの容れ物」――世の中の空気を歌に込め続ける桑田佳祐の今(Yahoo!ニュース オリジナル 特集)


333: 風吹けばゆうらり 2021/09/17(金) 20:18:22.21
桑田佳祐も逆流性食道炎で苦しんでるようです

334: 風吹けばゆうらり 2021/09/17(金) 20:40:07.78
桑田さん軽く書いてるけど相当辛そう。。。胃の弁がないって逆流し放題やないか

335: 風吹けばゆうらり 2021/09/17(金) 22:44:00.71
大変だー
ずっとリクライニングチェアで寝てるのか

「僕自身は空っぽの容れ物」――世の中の空気を歌に込め続ける桑田佳祐の今(Yahoo!ニュース オリジナル 特集)のコメント一覧

2: sho***** 2021/09/17(金)
桑田さんが病気後、こんなにも苦しい闘いを続けられていたこと、知りませんでした。。。それなのにいつも日本中を明るく元気にしてくれる音楽を届けてくれてたなんて。グッときました。

3: lov***** 2021/09/17(金)
桑田さんがここまでご自身のプライベートな事や価値観や闘病について話されたのは初めてではないでしょうか?
途中からぐっとこみ上げてくるものがあり胸が熱くなりました。長い間、音楽で私たちを励まし楽しませ勇気づけていただきありがとうございます。ぶれずに音楽として昇華させて訴え続ける姿勢に脱帽いたします。
これからも応援しています!

4: zye***** 2021/09/17(金)
桑田さんが病気を克服してから10年経ちましたが、その陰での後遺症との闘いしつつ、圧巻のパフォーマンスと素晴らしい歌を世に出し続けている。桑田さんを心から尊敬しています。

5: ......... 2021/09/17(金)
2013年頃のソロコンサートで「明日晴れるかな」を花道の先頭で歌い、何十秒も深々とお辞儀をした姿を今でも鮮明に覚えてます。
時代に寄り添い、売れるという目的から、国民的歌手としての宿命を担い、世間を励まし続ける桑田佳祐という人の背中は、いろんなものを背負ってるんだろうなという言葉では表せないほどの大きさを感じたことがあります。
まさか、後遺症で、そんな苦労をしてるなんて思ってもいなかった。それでも、苦労を感じさせないバイタリティは、どこから来るのか、親世代の桑田さんがそこまで頑張ってるんなら、自分もちょっとやそっとのことでめげてる場合じゃないなと感じました!
桑田さん!お体に十分にご自愛しつつ、これからも素敵な歌を聞かせてください!永遠に応援し続けます!(炎の聖歌隊、最高な新曲です!!!)

6: tec***** 2021/09/17(金)
自分も食道がんで胃を喉まで引っ張り上げてもらいました。ダンピングの辛さわかります。逆流すると胃液が酸の灼熱で喉を刺激してめちゃくちゃ痛いです。肺炎のリスクも高いです。
幼い頃から桑田さんの歌声を聴いて育っていた事もありとても勇気をもらえるインタビューでした。出来るだけ長く音楽を続けて欲しいと思いました。

7: ガッデム 2021/09/17(金)
我々世代の絶対的カリスマ。間違いない昭和から令和までの最強ミュージシャンであり、ソングライターの桑田さん。時折テレビで観る元気な姿やユニクロのCM から、術後の調子が良くなかったなんて想像出来なかった。とにかく健康第一で頑張らないで欲しい。へこんだ時、折れた時、いつも彼の
歌声に救われ、癒されて来た一人としての願いだ。

8: a 2021/09/17(金)
最初に見た桑田さんは豆粒くらい。
難波球場の1番上から見下ろした桑田さんはほんと豆粒。でもライブ中はずっとその豆つぶに我を忘れて楽しむって事を教わりました。今もまだ豆粒ってのが凄い。

9: a**** 2021/09/17(金)
記事の桑田さんの話はとても興味深いもので、普段あまり自分自身のことを前面に出す感じが無い作り手の印象なので貴重なお話でした。

が、「Yahooニュース一覧」での見出しが、何かファンの心配を煽るような嫌らしい感じがあります。
術後のご苦労がある点は確かに文中にあるが、桑田さんの話の骨子はそこではないはずです。
見出しを考えてOKを出した人達の、悪意に近い印象が表れていると思います。

10: pqt***** 2021/09/17(金)
僕も桑田さんと同じ食道がんでした

と、ずっと思っていたのですが、実は全然違うのですね
僕なんて、ステージが浅かったので内視鏡で癌を切除できたのですが
桑田さんの様に、胃の一部を弁と食堂を一緒に切除して喉元まで引き上げていたとは
知りませんでした、食道がんをやった事の無い人にはその違い、
辛さは理解しづらいかも知れませんが、逆流性食道炎を防止するためにリクライニングチェア
でしか寝られないのは、どんなにか辛い事かは僕には痛いほど解ります
それでも、そんな様子をおくびにも出さずに明るく歌い続けて
僕らを励まし続けてくれる桑田さんに感謝です!
これからも、合併症や逆流性肺炎には充分気を付けて歌い続けて欲しいです!
勇気を有難う御座います!

桑田佳祐さんの試聴できる楽曲一覧、アルバム『I Love You-Now&Forever』より

あわせて読みたい
現在の人気記事ランキング

 0

There are no comments yet.
がんニュース