ゆうらり Happy Smile
納豆の袋焼きの作り方・レシピ - 煮干しだし+ビタミンで貧血予防&骨太効果♪

納豆の袋焼きの作り方・レシピ - 煮干しだし+ビタミンで貧血予防&骨太効果♪

低糖質レシピ
2019/10/15
胃がん_ブログ_ゆうらりHappySmile_管理人M_イラスト_アイコン_画像
M
#煮干しだし #煮干しだしの取り方 #煮干しだし料理 #煮干しだしレシピ #煮干しだし栄養 #低糖質レシピ #納豆レシピ #納豆の袋焼き #レシピブログ #油揚げレシピ

今回は、「納豆の袋焼き」の作り方レシピをご紹介します。

料理に使う「煮干しだし」は、鉄分とビタミンが豊富貧血予防にも効果的です。

煮干し

さらに、食材は納豆油揚げ卵黄という低糖質なものばかりを選んでみました。

スポンサードリンク

前提知識:煮干しが貧血に効く理由とは⁈「煮干しだし」作り方の基本も

煮干しだしの基本的な作り方と、貧血に効く食材として「煮干し」がおすすめな理由については下の記事で書いてます。

サバ缶の味噌汁の作り方・レシピ【煮干しだしの鉄分&ビタミンで貧血予防】

ここ最近、ずっと強い貧血に悩まされていることもあり、鉄分補給のためにいつも煮干しばかり食べています。今回は「煮干しだし」を使った料理で、サバ缶の味噌汁の作り方・レシピ。自分のための備忘録でブログに書き留めておくなんて、読者の方には申し訳ないのですが(汗)もう少し体調が復活してきたら作ってみるつもりです。...

「納豆の袋焼き」作り方・レシピ

材料/作り方(2人分)

  1. 納豆1パックに煮干しだし小さじ1と1/2、卵黄1個、刻みねぎ5cm分、しょうゆ少々を入れてよく混ぜる。
  2. 油揚げ1枚を半分に切って袋状に開き、1を半量ずつ詰める。
  3. 両面にオリーブオイルを薄く塗り、フライパンかオーブントースターで軽く焦げ目が付くまでこんがりと焼く。

料理のポイント

料理のポイント
  • 納豆には骨の質を良くするビタミンKが多く含まれている。
  • 納豆と一緒に油揚げを使うと、良質な植物性タンパク質の摂取について相乗効果が上がる。
  • 卵黄にはビタミンDが豊富に含まれる。

まとめ/【低糖質食材】納豆、油揚げ、卵黄、煮干しだしの糖質量・カロリーは⁈

納豆の袋焼き」に使った食材の糖質量カロリー(1人分)は次の通り。

  • 【納豆(25g)】糖質量:1.4g、カロリー:50kcal
  • 【油揚げ(1/2枚)】糖質量:0g、カロリー:41kcal
  • 【卵黄(1/2個)】糖質量:0g、カロリー:34kcal
  • 【煮干しだし(3.75ml)】糖質量:0g、カロリー:0kcal

▼参考にしたアプリ

貧血予防に加え、骨太効果も期待できる「煮干しだし+ビタミン」。低糖質食材を選ぶことで最強レシピに仕上がります♪

あわせて読みたい

▼関連記事

土井善晴さんのおすすめ人気レシピ3選!初心者でも簡単に作れる料理まとめ!

誰もが知っている人気の料理研究家・土井善晴さんは、40年以上の歴史を持つ長寿料理番組『おかずのクッキング』でも有名ですよね!土井さんが作る料理レシピはいつも簡単でシンプルなのにとっても美味しく作れると高い評判があります。また、土井さんといえば和食献立のすすめとして「一汁一菜」という食事スタイルを提唱しています。「日常の食事は、ご飯と具だくさんの味噌汁で充分。何も気負う必要はありません。」は土井さんの...

おかずのクッキング・土井善晴先生の素材のレシピ「納豆編」が神回だった件

毎週土曜日の4時55分からテレビ朝日で放送中の長寿料理番組「おかずのクッキング」。料理研究家・土井善晴先生の素材を生かしたあっと驚くシンプルなレシピに衝撃を覚えて以来、毎週欠かさずチェックしているのですが、11月11日に放送された「土井善晴先生の素材のレシピ 納豆」編は、あまりにもシンプル過ぎ、「ええっ?これだけ!?」と再び衝撃が走りました。テレビ朝日「おかずのクッキング」土井善晴の「素材のレシピ・納豆...

【低糖質たまご料理】ふっくら&とろとろ♪やわらかふくさ卵の作り方・レシピ

今回は、低糖質食品の王道「たまご」を使った料理メニューで、『ふくさ卵』の作り方・レシピをご紹介します。ちなみに「ふくさ卵」とは、袱紗(ふくさ)の肌触りのように柔らかな舌触りが堪能できるたまご料理のこと。低糖質なのにふっくらとしたボリュームで存在感のあるトロトロなたまご料理が身近にある材料で作れるのが嬉しいですね♪...

浜内千波さんの煮物レシピ|油揚げの詰め込み煮

自分にも突然、いつ何が訪れてもおかしくない訳であり…「明日は我が身」のつもりで、気合いを入れ直さねば。気を取りなおして、やっと本日最初の食事の準備を始めました(汗)久方振りにご飯も炊いたので、今回はご飯のおかずに合いそうな「煮物」でも作ってみようかと。煮物なんて作る柄じゃありませんが…おかずのクッキング 209号(2017年4月/5月号)たまたまこちらの料理本を観ていたら、料理研究家の浜内千波さんが紹介している...

あわせて読みたい
data-matched-content-ui-type="image_card_stacked" data-matched-content-rows-num="6,2" data-matched-content-columns-num="1,5"
現在の人気記事ランキング
低糖質レシピ