ゆうらり Happy Smile
【病気封じ】京都の大根焚き「大根と豚肉のべっ甲煮」作り方・レシピ

【病気封じ】京都の大根焚き「大根と豚肉のべっ甲煮」作り方・レシピ

低糖質レシピ
2019/12/06
胃がん_ブログ_ゆうらりHappySmile_管理人M_イラスト_アイコン_画像
M
#病気封じ #病気封じ京都 #病気封じ料理 #大根焚き #大根レシピ #大根と豚肉のべっ甲煮レシピ #大根と豚肉のべっ甲煮 #糖質制限 #グルメ #簡単レシピ

今回ご紹介する低糖質料理は、こっくりリッチなしみしみ大根が主菜となる「大根と豚肉のべっ甲煮」の作り方レシピです。


ちなみに、京都では「大根焚きだいこだき)」という行事があります。


千本釈迦堂では12月7・8日、鳴滝の了徳寺では12月9・10日に大根焚きが行なわれ、大釜で油揚げとともに炊かれた大根が参拝客にふるまわれます。


京都の大根焚きとは? 低糖質レシピ ゆうらりHappySmile

病気封じ」や「健康増進」を願い、多くの人が訪れるとされる京都の伝統行事です。


今回ご紹介する「大根焚きレシピ」は、ご家庭で簡単に作れる煮込むだけの大根料理になります。これから増す寒さに備え、病気予防のためにもおすすめです。

スポンサードリンク

大根と豚肉のべっ甲煮の作り方・レシピ


今回ご紹介する「大根と豚肉のべっ甲煮」は、煮込むだけの簡単レシピですので、忙しいこの季節に重宝します。


糖質制限中の方や、カロリーを意識されている方にもおすすめなヘルシーレシピです。


【大根と豚肉のべっ甲煮】

  • 材料(2人分)
  1. 大根(1/3本300g)は2cm厚さのいちょう切りに、豚肩ロース肉(80g)は一口大に切る。
  2. 鍋に大根と豚肉、しょうがのみじん切り(適宜)、ねぎのみじん切り(適宜)を炒め合わせてから、ひたひたの水を加えて20分煮る。
  3. しょうゆ(大さじ1と1/2)、三温糖(大さじ1)、酒(大さじ1)を加え、さらに20分煮含める。
  4. 器に盛り、お好みで溶きがらし(適宜)をそえる。

(糖質:9.8g、エネルギー:149kcal、塩分:1.5g)

引用:糖質カウンター 簡単に糖質を測れるアプリ


料理のポイント

最初に水煮することで、豚肉の余分な脂が抜けカロリーダウンさせることが出来ます。


▼参考にした糖質アプリ

おわりに

豚肉は煮込むほどトロトロに仕上がります。さらに、大根は味が染みて箸が通るほどに柔らかくなりますので、これからの寒い時期にうってつけの料理と言えますよね♪


また、大根は煮物料理にすることで量がとれますし、食物繊維の供給源にもなります。


煮込むだけで簡単に作れる今回のレシピは、忙しい師走の季節にきっと重宝しますので、ぜひお試し下さい。

この記事が気に入ったら
いいねとシェアしよう!

あわせて読みたい
data-matched-content-ui-type="image_card_stacked" data-matched-content-rows-num="6,2" data-matched-content-columns-num="1,5"
現在の人気記事はコチラ!
低糖質レシピ