ゆうらり Happy Smile
【悲報】武漢の帰国者2人が検査拒否、東京五輪中止か - 新型コロナウイルス肺炎

【悲報】武漢の帰国者2人が検査拒否、東京五輪中止か - 新型コロナウイルス肺炎

政治-経済-事件系
2020/01/30
胃がん_ブログ_ゆうらりHappySmile_管理人M_イラスト_アイコン_画像
M
#新型コロナウイルス #新型コロナウイルス肺炎 #新型コロナウイルス感染 #武漢帰国者 #検査拒否 #東京オリンピック中止 #東京オリンピック #東京オリンピック2020 #高須院長

新型コロナウイルス肺炎、帰国者2人が検査拒否!?東京オリンピック中止か ゆうらりHappySmile


こんにちは! ブロガーM@yulari_happy )です。


現在、世界規模で急速な拡大を続けている新型コロナウイルス肺炎日本でも感染の広まりが懸念されていますが、この問題に関して思わぬ事態が発生しました。


日本政府の働きかけにより、新型コロナウイルスの感染源とされる中国武漢からチャーター機で日本人206人が帰国。しかし、何とそのうちの2人が検査拒否!帰宅してしまったというのですから驚きです。


この報道を受け、ネット上では


人権だか何だか知らないけどさ、爆発物を所持してるかもしれない奴をX線検査しないまま野に放つか?近所には老人や子供、妊婦も住んでんだろうし


へぇ、人権ってうつされる側にはないんだ


など、この2人国の対応ぶりに批判の声が殺到しています。

新型コロナウイルスとSARSの違い 予防のポイントは?
スポンサードリンク

【2人が検査拒否!?】武漢からの帰国者、計12人が入院へ

新型コロナウイルス肺炎

NHKは、武漢からの帰国者 計12人が入院へと題した記事で、「厚生労働省によりますと、チャーター機で帰国した日本人206人のうち、合わせて5人が発熱などの症状を訴えて、都内にある感染症の指定医療機関に搬送されました。」と報じました。


さらに、「また、残りの201人のうち同意が得られた199人が東京 新宿区の国立国際医療センターで改めて医師の診察検査を受け、8人発熱せき、それに頭痛などの症状が認められ、このうち7人が入院する予定だということです。このため、搬送された5人を含めて帰国者12人が入院、または入院する予定となります。」と、帰国者13人に発熱などの症状が見られたことで、そのうちの12人が入院または入院予定だと伝えています。


なお、「あとの191人は特段の症状は認められなかったということです。」と、計204人の帰国者については新型コロナウイルスへの感染状況を確認できたとのことです。


しかし、問題なのは残りの2人。これについては、「検査などに同意が得られなかった2人検疫官自宅まで送り、今後、健康状態を確認していく予定だということです。」としています。


この、検査拒否をした2人。世界中でこれほど新型コロナウイルスへの感染が懸念されているというのに、一体どういうつもりなのでしょうか?

東京オリンピック中止か⁈ 新型肺炎対策でIOCとWHOが協議する事態に

新型コロナウイルス肺炎、帰国者2人が検査拒否!?東京オリンピック中止か ゆうらりHappySmile


なお、検査拒否の問題で物議を醸すなか、さらなる事態が懸念されています。


それは、新型コロナウイルスによる感染被害の拡大を憂慮し、IOCWHOが新型肺炎対策として東京オリンピック中止を協議しているというのです。


これについては、東京オリンピック中止か、新型肺炎対策でIOCとWHOが協議という記事にもなっています。

ドイツメディアの報道によると、国際オリンピック委員会(IOC)が世界保健機関(WHO)と連絡を取り合っていることをDPA通信が報じたそうです。
これは新型コロナウイルスによる新型肺炎対策の一環で、あと半年に迫った東京オリンピックについて「感染症対策は、安全に大会を開催するための重要な要素」としています。

なお、新型肺炎の発生を受け、サッカーやバスケットボールのオリンピック予選トーナメントが中国から移転済み。
2002年11月に発生したSARSの終息が2003年7月までかかったこと、新型肺炎がSARSを上回る勢いで感染拡大していることを踏まえると、東京オリンピックに重大な影響が及ぶ可能性はあります。

スポンサードリンク

おわりに/厚労省をはじめ国の対応は軽率

新型コロナウイルス肺炎、帰国者2人が検査拒否!?東京オリンピック中止か ゆうらりHappySmile


厚生労働省をはじめ、国の対応にはいささか軽率な面があったのではないでしょうか?


まさか、人命救助を最優先する目的で行なった迅速な働きかけが「2人の検査拒否」という形で裏目に出てしまうとは、日本政府としても予想外だったに違いありません。


なぜ、検査を拒否するような「危険因子」を日本に帰国させてしまったのでしょうか?もしもこれが原因で甚大な感染被害をもたらすことにでもなれば、さすがに東京オリンピックは中止せざるを得ないはずです。


検査などに同意が得られなかったという2人について、「検疫官が自宅まで送り、今後、健康状態を確認していく予定」とは一体どういうことなのか。この報道を読むと、まさかの検査拒否に政府の対応はいかにアタフタしてしまっているかが窺い知れますよね。


当然ながら、安倍首相をはじめ、こんな事態にならぬよう先の先まで予想して動くべきだったのでは?と思います。政府与党担当官僚は1人や2人じゃないのですから、ちゃんと事前協議をしていればこんな事態にはならなかったはずです。


少なくとも、帰国者の2人は最初から検査拒否するのが明白だったわけですから、チャーター機に乗せる条件として検査を受けるよう事前に同意を得ておく必要があったのではないでしょうか?


桜の会」ばっかり議論している場合じゃありませんよ!蓮舫さん。

この記事が気に入ったら
いいねとシェアしよう!

あわせて読みたい
data-matched-content-ui-type="image_card_stacked" data-matched-content-rows-num="6,2" data-matched-content-columns-num="1,5"
現在の人気記事はコチラ!
政治-経済-事件系