ゆうらり Happy Smile
【笑ってコラえて】のどかさんの現在…ステージIV大腸がん闘病から壮絶出産

【笑ってコラえて】のどかさんの現在…ステージIV大腸がん闘病から壮絶出産

がんブログ
2021/03/07 0
胃がん_ブログ_ゆうらりHappySmile_管理人M_イラスト_アイコン_画像
M
#笑ってコラえて! #結婚式の旅 #笑ってコラえてのどかさん #大腸がん #大腸がんステージ4 #櫛引和 #くしびきのどか #大腸がん花嫁インスタグラム #医療ミス #ニュースまとめ

2020年2月5日に放送された日本テレビのバラエティ番組『笑ってコラえて!3時間SP』の結婚式の旅。出演した花嫁は、ステージ4大腸がんを患った遠藤和(旧姓:櫛引和 くしびき のどか)さん。年齢がまだ22歳という若さだった事もあり、当時は衝撃を受けました。また、のどかさんが患った大腸がんは、15歳から39歳のAYA世代(Adolescent&Young Adultの略、思春期・若年成人という意味)における癌という事でも話題になっています。

笑ってコラえて!』の放送後、しばらくすると、のどかさんのインスタグラムはアカウントが非公開になりました。インスタを非公開にした理由は、どうやら、テレビ番組を観たユーザーからの相次ぐ心ない誹謗中傷コメントが原因だったようです。現在も、必死にガン闘病を続けるのどかさん。果たして、病状はどうなっているのだろう!?インスタが非公開になったため、のどかさんの近況を知るすべがなく非常に心配していました。

そんな中、「女性セブン 2021年3月18日号」では、遠藤和さんのがん闘病から壮絶出産に至るまでの記録を詳しく掲載しているようです。その内容について、NEWSポストセブンが記事で取り上げました。

この記事を読んでから、改めて遠藤和さんのインスタグラムを確認。すると、のどかさんのインスタアカウントは公開の状態(ただし、コメントは制限)になっていました。今回に合わせて、という事だったのでしょうか?いずれにせよ、のどかさんの近況を知ることが出来てホッとした思いです。

のどか-nodoka7491-•-Instagram写真と動画
出典:のどか nodoka7491 • Instagram写真と動画

がんステージIVの23才女性「私がたとえ死んでも」壮絶出産の全記録

NEWSポストセブン 2021/03/06(土) 16:00

19才で出会った彼と、22才で結婚し、翌年出産。屈託のない笑顔で娘のことを語る彼女は、至って普通の若いママだ。ただ、彼女は21才でステージIVのがん宣告を受けた──

遠藤和(のどか)イラスト 似顔絵 櫛引和(くしびき のどか)ステージ4の大腸がん 笑ってコラえて!結婚式の旅。花嫁青森市在住の遠藤和(のどか)さん(23才)は、ステージIVの大腸がんを患う。

夫・遠藤将一さん(29才)のサポートを受け、この2月中旬は県立病院で、抗がん剤治療を受けた。

「朝一で採血をします。約1時間後に結果が出たら診察を受け、問題がなければ治療が始まります。ベッドが30台ほどずらっと並ぶ抗がん剤治療用の部屋で、6時間ぐらい横になって点滴を受けるんです」(和さん・以下同)

「お母さんがいない子になる準備と覚悟ができるなら」

遠藤和(のどか)イラスト 似顔絵 櫛引和(くしびき のどか)ステージ4の大腸がん 笑ってコラえて!結婚式の旅。花嫁

【2021年2月17日(水)】
〈今日の(娘の)健診は行けないと思ってたから、行けて嬉しかった。娘の成長を1番感じられるのはこの健診な気がする。そろそろ離乳食も始めようかっ!! たのしみにしてたの。食育!! なんでも食べられるようになってほしいけど、それよりも食事を楽しんでほしいな〉

病院へ行ったその足で、娘の健診へ――和さんは、生後半年の女の子の母親だ。

「初めてのBCGワクチン接種で、娘は大号泣でした。頑張ってえらかった! 注射後はしばらくグズグズしてたけど、抱っこで寝てくれました。いまでは抱っこするだけで肩と腰がバキバキになります。この前まであんなに小さかったのに(笑い)。うれしいような、寂しいような……子育てってすごくあっという間なのかな」

がん闘病中の育児。苦労がないわけがない。思い通りにいかないことばかりだ。

「本当は母乳で育ててあげたかったんですけど、母乳が出てこなかったんです。搾乳器を使ってもダメでした。出産後、私は死にかけていたので母乳を作る余裕がなかったんだと思います。娘には『ごめんね』という気持ちでいっぱいです」

和さんは2020年7月9日に娘を出産。将一さんは当初、「子供がほしい」という和さんに大反対した。

「ぼくは、妻自身の体を優先してほしくて。生きるか死ぬかの問題ですよ? 延命の方法を探っている中で『子供がほしい』と言われても……」(将一さん)

医師からは「お母さんがいない子になる準備と覚悟ができるなら、出産はできないことはない」とまで言われたという。それでも和さんは意志を曲げなかった。

「『お母さんになる』が私の将来の夢でした。『出産できる状況があるのに子供を諦めるなんて、死んでも死にきれない』と夫を説得しました」(和さん)

なんで私だけこうなんだろ?

和さんは1997年3月20日、青森市生まれ。高校卒業後、2016年に飲食店で働き始めた。将一さんは6才年上で、札幌市生まれ。大学卒業後、建築系の大手企業に就職し、2013年に青森に配属されて和さんと巡り会った。ふたりの出会いは2016年10月、青森市内のダーツバーでのことだった。

「遠藤さん(夫)は、なんだかいいにおいがするし、顔が歌手の森山直太朗似ですごくタイプだったんです。会ったその日に絶対につきあいたいと、一目惚れでした(笑い)」(和さん・以下同)

その日から、和さんの猛アタックが始まる。デートに誘うのは自分から。好き嫌いが多い将一さんの口に合う料理を研究し、部屋まで押しかけて振る舞った。恋は実った。出会ってわずか10日後に交際が始まった。2017年10月には、和さんの両親への挨拶をすませて同居を開始。ふたりの交際は順調に進展したが、病魔の影は和さんに忍び寄っていた。2018年8月25日のことだった。

「激しい腹痛で、朝から救急外来に行きました。エコーや採血などの検査を受けたものの、『便秘』との診断でした。ところが翌日夜、実家に戻っていたら、また激痛がきた。救急病院に運ばれ内視鏡検査を受けたところ、大腸に腫瘍があることがわかったんです」

和さんは8月30日に腫瘍切除の手術を受けた。6日後に病理検査の結果が出た。

【2018年9月5日(水)】
〈16時頃におと(父)とまま(母)だけ呼ばれて、先生と話をした。なんかあったんだろうな。とは予想してたけど、ガンだったとは。まま号泣。おとも困ってるかんじ。まだ21才なんだけどなあ。なんで私だけこうなんだろ? 今日は何してても涙出るわ。うけとめきれない〉

和さんはすぐに将一さんに報告し、別れを切り出した。

「『いつまで生きられるかわからない私ではなく、健康な彼女を見つけてください』と言いました。本心でした。抗がん剤治療が始まったら、もっと大変なことになるだろうし、遠藤さんの時間を犠牲にしてしまう。だから別れるならいましかない、と思ったんです」

だが、将一さんは即答。

「あなたがつらいことを忘れられるように、楽しい気持ちと幸せな気持ちで上書きする」──その日から、二人三脚の闘病がスタートした。和さんは東京の病院で検査入院後、医師からすすめられ、思い悩んだ末に手術を決意した。しかし、手術はできなかった。がんが進行していたのだ。

「開腹後、がん細胞が広がっている『腹膜播種』という状態だったら手術は中止します、と事前に言われていました。麻酔からさめたら母と妹が号泣していて『ああダメだったんだな』と悟りました」

診断結果は「ステージIVの大腸がん」。これには将一さんも動揺したという。

「先月の時点ではステージIIだったのに……。ステージIVって進行の終わりの方なんですよ。その日は一緒に泣きました」(将一さん)

2020年9月29日、和さんは卵巣摘出の手術を受けた。摘出した腫瘍を見た将一さんは言葉を失ったという。

「1つはドッジボールほどの大きさで、重さは2.5kg。娘が980gで生まれてきたので、約3人分です。妻はこんな恐ろしい塊をお腹に抱えながら子供を産んだなんて……」(将一さん)

経過は安定し、10月10日、母子揃って退院。現在は家族3人で一緒に暮らす幸せを噛みしめている。

「妊娠がわかったとき『娘のためなら引き換えに自分は死んでもいい』と思いました。でも、いざ生まれるとなると『直接会いたい』と思うようになった。どうしても目を見て『大好きだよ』と言いたくて。それがかなったいまは、『無事に生まれてきてくれてありがとう』という気持ちでいっぱいです」(和さん)

以下より、一部抜粋。全文はソースで

がんステージIVの23才女性「私がたとえ死んでも」壮絶出産の全記録

 19才で出会った彼と、22才で結婚し、翌年出産。屈託のない笑顔で娘のことを語る彼女は、至って普通の若いママだ。ただ、彼女は21才でステージIVのがん宣告を受けた──命がけの出産を決意した…

【ポイント】Q.大腸がんのステージの特徴は?

A.がんの早期発見は重要だが、特に大腸がんは、ステージⅠ~Ⅲでの発見とステージⅣになった段階での発見では、生存率に大きな差が生じる。5年相対生存率はⅣで18.5%。

引用:メディカルノート

あわせて読みたい

仕事×育児×病気の両立 5回のがん再発と闘う、放射線科医の女性の生きる力

引用:小酒部さやか2020/8/30(日)

日本のがん患者 この50年における増加の推移は!?

なぜ、日本のがん死亡者数はどんどん増えているのか?-大須賀覚-個人-Yahoo-ニュース
出典:大須賀覚2020/8/31(月)

Yahoo!ニュースのコメント一覧

1: fai***** 2021/03/06(土)
妻33歳、子ども5歳女児でした。10年前に妻を大腸癌で亡くしました。
1年間の闘病生活でステージⅣでの診断でした。

発覚から1年、言い表しようのない時期でしたが妻も最期まで必死に生き、家族も笑顔の絶えない日々でした。他界してしまった日は全てが終わった、もうダメだ、とこれも言い表せないショックを受け涙流した私に、5歳の娘が「私はもう泣かないよ、お父さんしっかりしてね」って言ってくれたんです。

あの日から10年。
娘は難関高校合格し、友だちと元気に青春を謳歌しています。

妻がずっと応援してくれている、そしてこの特殊な経験が私たちを強くしてくれたとも、そう思っています。

2: zfn***** 2021/03/06(土)
子供を産みたい母親の気持ち、素晴らしいと思う。子供の成長を少しでも長く見てあげられるようにと願うね。

3: sas***** 2021/03/06(土)
所さんの笑ってコラえての番組で見てからその後が気になってました。お子さんのためにも辛い治療だとは思うけど頑張って欲しいです。

4: aqb***** 2021/03/06(土)
製薬会社で抗がん剤の開発を担当しています。これだけ科学が発展しても、万人に効果のある薬は出来なくて、ましてや癌を完治させる薬がもできない。生存率を数年延ばすことが出来れば万々歳。治験を担当していて、無力さを感じることも多い。でも、いつの日か、癌になっても薬で治るから大丈夫だね、と思えるようになることを願って、新薬開発を頑張りたい。

5: megublue 2021/03/06(土)
多分、
がんがわかっても壮絶出産をした事と
それを支えた夫という方が
色々な人の想いが脈々と続くし

メディア的にも山も谷もあって
感動話として伝えやすいんだろうけど、


世の中には
感動話にならないような
出産も結婚も諦めて
他人に苦労を何も残さないで
亡くなったような人も
いるんだろうなと思うと

私はその人も褒めてあげたい。

6: caa***** 2021/03/06(土)
和さんの気持ちを思うと…
何て言葉にするのが正解なのかわからないけれど、とにかくお子さんの成長をずっとずっと見届けて欲しい。
病気なんて治ってほしい。
奇跡だねってみんなで、笑顔になって欲しいです。

7: non***** 2021/03/06(土)
28週で出産しないとお母さんの命が持たないと言われていたのに、お母さんは赤ちゃんのために30週までと願っていた。だけど、27周で陣痛が来て出産。お母さんのピンチを察して、自分から出てきたんだね。生まれた時から親孝行しているすてきな娘さん。お母さんとのかけがえのない時間を、大切に過ごしてほしい。

8: ******** 2021/03/06(土)
本当に理不尽な世の中。
悪いことをしている人が大勢いて、そのような人が健康でのうのうと生きていて
人を騙し、人に危害を与えて。
そんな人に苦しんでもらいたいのに。

9: bly***** 2021/03/06(土)
前にテレビで見て辛い状態なのに、
がんばっている姿を見て
私も励みになりました。
私も同じ大腸がんです。
医学の進歩は毎日進んでいるので
必ず和さんが完治出来ることを
祈っています。
心から祈っています。

10: りりママ 2021/03/06(土)
ガンだからって子どもを諦めないといけないなんて不公平。と思うかもしれませんが、母親を亡くした子どもが全員そのことを受け入れられるわけではないと思います。
私自身も高校生の息子がいるガン患者です。高校生ですらまだ心配事でいっぱいです。
医師が言った「母親のいない子になる覚悟と準備」というのはすごく深く重い言葉だと感じています。

11: hit***** 2021/03/06(土)
少数派なのは分かっています。
が、もし障がいや、生活に支障をきたす身体になってしまったら、
わたしは、その1人ですが、
ちょっとキツイ言い方になると思いますが、
正直、妊娠を迷っている時に、
産んでくれなくて良いですよ。と優しく助言したいです。

そら、楽しい事も山ほどありますが、
やはり、辛いことの方が多過ぎるのです。。

申し訳ないし、言い方本当にきついと思いますが、

それは、お母さんお父さんののエゴです。

多分実際、なって見た人にしか分からないし、なった人でも賛否両論はあるかもしれないけど、
生きた証。。。

とかもエゴです。

関連記事

【笑ってコラえて!のどかさん】大腸がんの花嫁がステージ4になって確信した1つのこと#結婚式の旅

出典:nodoka7491 Instagram癌ブロガーのM(@yulari_happy )です。2020年2月5日に日テレで放送されたバラエティ番組『笑ってコラえて!3時間SP』の結婚式の旅。花嫁は、ステージ4の大腸がんを患った櫛引和(くしびき のどか)さんで、年齢が22歳ということに衝撃を受けました。僕は、たまたま昨日の再放送で観て知りました。いわゆる15歳から39歳のAYA世代(Adolescent&Young Adultの略、思春期・若年成人という意味)のがんとい...

あわせて読みたい
data-matched-content-ui-type="image_card_stacked" data-matched-content-rows-num="6,2" data-matched-content-columns-num="1,5"
現在の人気記事ランキング

 0

There are no comments yet.
がんブログ