ゆうらり Happy Smile
遠藤和(のどか)さんインスタで退院報告、抗がん剤「ちょっとだけ吐き気」【笑ってコラえて】

遠藤和(のどか)さんインスタで退院報告、抗がん剤「ちょっとだけ吐き気」【笑ってコラえて】

がんニュース
2021/06/19 0
胃がん_ブログ_ゆうらりHappySmile_管理人M_イラスト_アイコン_画像
M
#笑ってコラえて! #結婚式の旅 #笑ってコラえてのどかさん #大腸がん #大腸がんステージ4 #櫛引和 #櫛引和現在 #大腸がん花嫁インスタグラム #医療ミス #遠藤和インスタ

ステージ4大腸がんの花嫁として『笑ってコラえて!』に出演した遠藤和(のどか、旧姓:櫛引和)さんが19日、自身のインスタグラムで、緊急入院先の病院から無事退院したことを報告しました。

遠藤和さんのwikiや結婚、妊娠・出産の経緯

のどかさんは現在、手術不能で「数週間」と余命宣告され、抗がん剤治療に命運を託しているようです。

遠藤和(のどか)さんインスタで退院報告、抗がん剤「ちょっとだけ吐き気」【笑ってコラえて】

遠藤和(えんどうのどか)さんは、15日に更新した自身のインスタグラムで、緊急入院したことを報告。その理由として、翌日から急きょ開始されることが決まった抗がん剤治療のためだと明かしていました。

関連記事

笑ってコラえて遠藤和(のどか)さん緊急入院…インスタで現在の病状も明かす

日本テレビ『笑ってコラえて!3時間SP』結婚式の旅に出演した遠藤和(のどか、旧姓:櫛引和)さんが15日、自身のインスタグラムを更新。同日から緊急入院したことを報告しました。遠藤和さんのwikiや結婚、妊娠・出産の経緯のどかさんは、ステージ4の大腸がん進行で「数週間」と余命宣告された現在の病状についても明かしています。...

入院から4日が経ち、のどかさんは抗がん剤治療の副作用や退院したこと、現在の様子について次のようにインスタでコメントしています。

遠藤和(のどか)イラスト 似顔絵 櫛引和(くしびき のどか)ステージ4の大腸がん 笑ってコラえて!結婚式の旅。花嫁退院した🤟
ちょっとだけ吐き気でて
1日しんどかったけどそれでも順調!
.
余命数週間っていわれてたのに
治療できるってすごいな〜
頑張らなきゃ
奇跡起こすぞ🤟✨
.
みんなの元気玉のおかげで
副作用軽くて済んだんだと思う

引用:のどか(nodoka7491) Instagram

さらに、のどかさんは今後の治療について「2週に1回入院して抗がん剤治療続けていきます」と報告。その上で、「どうかどうかこの薬が効きますように」と、抗がん剤の効果に期待を寄せている心境をつづりました。

のどか(nodoka7491) Instagram-「-退院した🤟-ちょっとだけ吐き気でて-1日しんどかったけどそれでも順調!-余命数週間っていわれてたのに-治療できるってすごいな〜-頑張らなきゃ-
出典:のどか(nodoka7491) Instagram

入院期間は約5日ほどだった遠藤和さん。入院中に行なった抗がん剤治療は、投与後の副作用チェックも含めて中3日間が必要ということなんでしょうね。

ちなみに、のどかさんは現在、ステージ4の大腸がんで腹膜播種も見られるようですが、果たしてどんな抗がん剤を使用したのでしょうか。のどかさんの治療段階がどんな状況なのか分からないので、特定することは不可能です。しかし、「切除不能進行・再発大腸がんに対する薬物療法」として、一般的には次のような抗がん剤治療が行われるとされます。

薬物療法の基本となる薬は、フルオロウラシル(5-FU)です。5-FUには、点滴とのみ薬があります。5-FUはその他の薬と組み合わせて使用されることも多く、5-FU(点滴)とレボホリナート(l-ロイコボリン、アイソボリン)にオキサリプラチンを組み合わせるフォルフォックス(FOLFOX)療法、あるいはイリノテカンを組み合わせるフォルフィリ(FOLFIRI)療法の2つの療法が柱となっています。

引用:大腸がん 治療:[国立がん研究センター がん情報サービス 一般の方へ]

のどかさんは、入院期間が比較的短かったような気がしました。したがって、抗がん剤は、フルオロウラシル(5-FU)とかを1種類だけ使用したのかなぁ…と。なぜなら、重い胃がんを患った僕の場合は3種類の抗がん剤(ドセタキセル、シスプラチン、TS-1)を併用したため、少なくとも1週間ほどの入院が必要でしたから。

関連記事

【抗がん剤治療】ドセタキセル、シスプラチン、TS-1の化学療法が開始

失意で“胃がんの回顧録”がとん挫中自分が胃がんを患ってから、これまで治療をしてきた経緯などをあまり詳しく述べてこなかったなぁ、と。そこで、今更ながら、少しずつ当時のことを思い出しながらブログに書いている次第です。▼前回の記事抗がん剤治療が延期、高熱で思い出す「幼少期の悪夢」続く体調不良で抗がん剤投与が3日延期2011年12月15日にがんセンターへ入院した時のこと。翌日から抗がん剤を使った術前化学療法をやる予定...

腹膜播種のあるステージ4・大腸ガンって、もっとガッツリと抗がん剤を投与するのではないか!?と思っていた僕は、少し意外な気がしました。まあしかし、身体への負担が少ない種類と量で、がん細胞が小さくなってくれればそれに越したことはありません。

のどかさんの希望が叶って無事、手術につながると良いですね!

あわせて読みたい
data-matched-content-ui-type="image_card_stacked" data-matched-content-rows-num="6,2" data-matched-content-columns-num="1,5"
現在の人気記事ランキング

 0

There are no comments yet.
がんニュース