ゆうらり Happy Smile
笑ってこらえて 遠藤和(のどか)現在 病床からインスタ報告 抗がん剤2回目

笑ってこらえて 遠藤和(のどか)現在 病床からインスタ報告 抗がん剤2回目

がんニュース
2021/07/02 0
胃がん_ブログ_ゆうらりHappySmile_管理人M_イラスト_アイコン_画像
M
#笑ってコラえて! #結婚式の旅 #笑ってコラえてのどかさん #大腸がん #大腸がんステージ4 #櫛引和 #櫛引和現在 #大腸がん花嫁インスタグラム #医療ミス #遠藤和インスタ

がんステージIVのママで、『笑ってコラえて!』にも出演経験のある遠藤和(のどか、旧姓:櫛引和)さんが2日、自身のインスタグラムを更新。

遠藤和さんのwikiや結婚、妊娠・出産の経緯

のどかさんは、大腸がんで「数週間」と余命宣告。しかし、2回目となる抗がん剤治療に希望をつなげる彼女は、病床から現在の経過をインスタ報告しています。

笑ってこらえて 遠藤和(のどか)現在 病床からインスタ報告 抗がん剤2回目

ステージ4の大腸がんで闘病中の遠藤和(のどか)さん。彼女は一時期、がんの進行で手術が行なえない病状にあることから、余命“数週間”とされ、「7月までは生きられないとも言われて」いたそうです。

がんステージIVママ遠藤和(のどか)インスタで現在「余命数週間から1ヶ月」 笑ってコラえて

『笑ってコラえて!』結婚式の旅に出演経験のある、がんステージIVのママ・遠藤和(のどか、旧姓:櫛引和)さんが24日、自身のインスタグラムを更新しました。遠藤和さんのwikiや結婚、妊娠・出産の経緯遠藤のどかさんは、大腸がんで「数週間」と余命宣告されてから1か月が経過した現在の様子や心境、抗がん剤治療の経過について告白しています。...

しかし、運よく抗がん剤治療が出来ることになったのどかさんは、6月16日から1クール目の抗がん剤投与を開始。19日に投稿されたインスタでは、無事に治療が終わって退院したことを報告しています。

遠藤和(のどか)の現在を妹がインスタ報告 がんで余命数週間~抗がん剤治療 【笑ってコラえて】

『笑ってコラえて!』結婚式の旅に出演した遠藤和(のどか、旧姓:櫛引和)さんは現在、数週間と余命宣告された身であることをインスタグラムで告白。19日には、ステージ4・大腸がんの抗がん剤治療を終え、退院したことを報告しました。遠藤和さんのwikiや結婚、妊娠・出産の経緯そんな、遠藤和さんの妹・遥さんが22日にインスタ更新しています。...

そんな彼女について、妹の遥さんは、姉の抗がん剤治療2クール目が30日から開始されることをインスタグラムで明かしていました。しかし、今回は抗がん剤の投与によって「アナフィラキシーショック」になる確率がかなり高いことを懸念していたようです。

笑ってこらえて遠藤和(のどか)妹インスタ報告、現在2回目の抗がん剤開始

『笑ってコラえて!』に出演した、がんステージIVのママ・遠藤和(のどか、旧姓:櫛引和)さんが30日から、2度目となる抗がん剤治療を開始したようです。遠藤和さんのwikiや結婚、妊娠・出産の経緯大腸がんで「数週間」の余命を乗り越えた遠藤のどかさん。現在の状況について、妹・遥さんが29日のインスタグラムで報告しています。...

その後、のどかさんはインスタ更新しておらず、現在の容態が心配される状況でした。そんな中、2日に投稿されたインスタグラムの中で、のどかさんは抗がん剤治療中の病床から次のように経過報告をしました。

遠藤和(のどか)イラスト 似顔絵 櫛引和(くしびき のどか)ステージ4の大腸がん 笑ってコラえて!結婚式の旅。花嫁抗がん剤するために
大事をとって入院してました🙆‍♀️
ちょっとだけふらっときちゃったけど
特に問題もなく明日退院できそう!
.
抗がん剤もうまくいってるし
本当に順調でこのまま治す!
絶対うまくいく!
入院中に娘が烏森神社いってくれて
またお参りしてくれた!
そこで引いたおみくじも
それも大吉だったし
これはもう完治約束されてる🥲💕

引用:のどか(@nodoka7491) Instagram

遠藤和-のどか-Instagram-「抗がん剤するために大事をとって入院してました🙆‍♀️ちょっとだけふらっときちゃったけど特に問題もなく明日退院できそう!.抗がん剤もうまくいってるし本当に順調でこのまま治す!絶対うまくいく!入院中に娘が烏森神社いってくれてまたお参りしてくれた!そこで引いたおみくじもそれも大吉だったしこれはもう完治約束されてる🥲💕」
出典:のどか(@nodoka7491) Instagram

妹・遥さん、姉・遠藤のどかさんの「アナフィラキシーショック」を明かす…

また、妹の遥さんも同じ日に自身のインスタグラムを更新。遥さんは、姉の遠藤のどかさんがインスタで書かなかった、抗がん剤による一時的な「アナフィラキシーショック」が起こったことについて、次のように明かしています。

今日のんたんやばかった〜、、

副作用と痛み止めの麻薬が
相性悪くて意識障害おこしちゃって
病院から連絡きてめちゃくちゃ焦った…

すぐに戻ってきてくれたからよかったけど😮‍💨
記憶もないらしい。

引用:はるか(@harukan0110) Instagram

遠藤和の妹・はるか-harukan0110-•-Instagram写真と動画
出典:はるか(@harukan0110) Instagram

病院から緊急連絡があったということは、本人達の想像以上に危ない状況だったようですね…。

おわりに

遠藤和さんは、インスタグラムの中で「抗がん剤もうまくいってるし本当に順調でこのまま治す!絶対うまくいく!」「これはもう完治約束されてる」などと綴っていました。しかし、大腸がんなどの固形がんは、抗がん剤によって完全にがん細胞を消滅させることが出来ません。それが非常に残念ですよね。したがって、現在の抗がん剤治療は、あくまで切除手術を可能にする目的で、腹膜播種や、原発巣のがん細胞を出来るだけ小さくするための過程に過ぎません。

大腸がんの腹膜播種は、大腸がん患者の10%程度に見られ、抗がん剤による通常の治療法での5年生存率は10%以下とされています。アメリカやヨーロッパの大腸癌腹膜播種治療のガイドラインには、腹膜切除と温熱化学療法が治療の選択肢の一つと記載されており、大腸がん腹膜播種に対し切除可能と判断した場合に腹膜切除による積極的な病変の切除を行っています。

引用:腹膜播種センター | 草津総合病院

果たして、のどかさんは腹膜播種も起こっている状況で、大腸がんの切除手術に辿り着くことが出来るのでしょうか。抗がん剤治療は、回数を重ねれば重ねるほど「耐性」によって効果が弱くなっていくと言われます。したがって、のどかさんにとっては、今がまさに正念場と言って良いのかも知れませんね。

あわせて読みたい
data-matched-content-ui-type="image_card_stacked" data-matched-content-rows-num="6,2" data-matched-content-columns-num="1,5"
現在の人気記事ランキング

 0

There are no comments yet.
がんニュース