ゆうらり Happy Smile
遠藤和(のどか) インスタで現在「奇跡の抗がん剤3回目」の入院を告白【笑ってコラえて】

遠藤和(のどか) インスタで現在「奇跡の抗がん剤3回目」の入院を告白【笑ってコラえて】

がんニュース
2021/07/15 0
胃がん_ブログ_ゆうらりHappySmile_管理人M_イラスト_アイコン_画像
M
#笑ってコラえて! #笑ってコラえてのどかさん #大腸がん #大腸がんステージ4 #櫛引和 #櫛引和現在 #大腸がん花嫁インスタグラム #遠藤和現在 #遠藤和子供 #遠藤和インスタ

がん闘病中のママ・遠藤和(のどか、旧姓:櫛引和)さんが14日にインスタグラムを更新。和さんは現在、3回目の抗がん剤投与のため入院中と明かしつつ、9日に1歳の誕生日を迎えた子供の動画を投稿しました。

遠藤和(のどか)さんのwiki・結婚、妊娠や出産の経緯

遠藤和(のどか) インスタで現在「奇跡の抗がん剤3回目」の入院を告白【笑ってコラえて】

遠藤和(のどか)さんは、昨年2月の『笑ってコラえて!3時間SP』結婚式の旅に大腸がんステージ4の花嫁として出演。その後、妊娠を経て第一子となる娘の出産を経験したものの、がんの進行により一時は「7月までは生きられない」と余命宣告されていた事を明かしています。しかし、和さんは現在も懸命に治療を続けながら、1歳を迎えた子供の誕生日会に立会うことが出来た喜びの心境を11日に投稿されたインスタグラムの中で綴っていました。

遠藤和(のどか)インスタで祝福「娘ちゃん1歳のお誕生会」がんステージ4ママ

遠藤和(のどか)インスタで祝福「娘ちゃん1歳のお誕生会」がんステージ4ママ

がんステージ4のママ・遠藤和(のどか、旧姓:櫛引和)さんが11日にインスタグラムを更新。9日で1歳を迎えた子供に祝福コメントを寄せつつ、誕生日会の写真を投稿しました。≫遠藤和(のどか)さんのwiki・結婚、妊娠や出産の経緯がんを患った花嫁として昨年2月の『笑ってコラえて!』に出演した遠藤和さんは現在、大腸がんの進行で「7月までは生きられない」と余命宣告されていました。...

そんな中で、和さんは14日、自身のインスタグラムを更新。おそらく15日から開始されるであろう、3クール目の抗がん剤投与のため、入院したことを和さんは次のように報告しました。

遠藤和(のどか)イラスト 似顔絵 櫛引和(くしびき のどか)ステージ4の大腸がん 笑ってコラえて!結婚式の旅。花嫁今日から3クール目入院

先生にできても2クールが限界だと思ってた
って言われた奇跡の3クール目の治療。

このまま継続させたい!

頑張りたい…!

引用:のどか(@nodoka7491) Instagram

さらに、「早く娘に会いたい!」と現在の心境を明かしたうえで、和さんは食事中の様子と思われる子供の動画をインスタ上にアップ。

遠藤和-のどか-nodoka7491-•-Instagram写真と動画
出典:のどか(@nodoka7491) Instagram

和さんは入院前にトマトリゾットを作ったらしく、「娘ちゃんよく食べてくれてるって!」、「ト マトリゾット🍅おいしいらしい💓」と、動画について説明を加えています。

その上で、和さんは「早く食べられるようになりたいなぁ」、「娘ちゃんと一緒にご飯食べたい!」、「とっとと治すね☺️」と、前向きな気持ちを表しました。

終わりの一言

「多発性高度リンパ節転移胃がん」を患った僕の場合は、国立がん研究センター中央病院の臨床試験により、3種類の抗がん剤投与を約4か月間にわたって3クール行ないました。

恐怖の抗がん剤が3つも!?DOS術前化学療法

恐怖の抗がん剤が3つも!?DOS術前化学療法

胃がんの臨床試験、腫瘍内科医の説明前回の続き。 関連記事  胃がんの私が参加した臨床試験のメリット・デメリット臨床試験に参加できることになり、いよいよ明日からは入院して術前化学療法としての抗がん剤投与です。最終チェックのため、前日にがんセンターで検査。診察では腫瘍内科の医師に初めてお会いし、術前化学療法についてのメリットとデメリットについての説明を受けたところです。時にして、2011年12月14日...

かなり強力な化学療法だったのか、原因は不明ですが、臨床試験に参加した胃がん患者さんの内、ほとんどの方は手術までたどり着くことが出来ずに亡くなってしまったようです。

おそらく、遠藤和さんがインスタの中で「奇跡の3クール目の治療」とコメントしていることから推察すると、和さんはかなり強力な抗がん剤を使用している可能性も考えられますね。もちろん、和さんは現在、抗がん剤治療に耐えがたい体調や体力なのも関係しているのかも知れませんが…。

したがって、今回3回目となる抗がん剤治療は、和さんにとってはまさに正念場といえそうです。僕の場合は結局、直径20cmほどの胃がん細胞が手術適応にまで小さくならず、最終的には主治医の英断によって根治手術が実行されました。果たして、遠藤和さんの場合はどうなるのでしょうか。和さんによる、抗がん剤を終えた後の結果報告が非常に注目されるところです。

あわせて読みたい
現在の人気記事ランキング

 0

There are no comments yet.
がんニュース