ゆうらり Happy Smile
サイコパス診断 良心の呵責がない人の具体例、反社会性パーソナリティ障害は病気? 20年目の新発見

サイコパス診断 良心の呵責がない人の具体例、反社会性パーソナリティ障害は病気? 20年目の新発見

事件ファイル
2020/03/18
胃がん_ブログ_ゆうらりHappySmile_管理人M_イラスト_アイコン_画像
M
#司法書士 #サイコパス診断 #身内の犯罪者 #司法書士事件 #良心の呵責 #サイコパス #戸籍偽造 #相続登記 #司法書士戸籍偽造逮捕 #反社会性パーソナリティ障害

司法書士Q、逮捕前に悪あがき!?法務局「お前、何しに来たんだ!さっさと帰れ!」人間の良心・質問の答え 司法書士事件ファイル ゆうらりHappySmile


ブロガーM@yulari_happy )です。


戸籍謄本の偽造によってウソの記載をした内容で相続登記をおこなった司法書士Q(当時34歳)。法務局と司法書士会が懲戒処分のために動き出したことで、いよいよ司法書士史上最もセンセーショナルな凶悪犯罪と言われた戸籍偽造事件は佳境に入ろうとしていました。


登場人物の紹介は下記の記事を参照

【体験談】身内に犯罪者がいたらどこまで影響が及ぶ⁈差別は仕事や結婚にも…

こんにちは! ブロガーのM(@yulari_happy )です。今回は、身内に犯罪者がいた場合にどこまで影響がおよぶのか⁈という話しをします。なぜ?と疑問に思うかもしれませんが、僕は犯罪者が身内にいたことでさまざまな差別的扱いを受けた経験のある1人だからです。その身内というのは司法書士Qのことなんです。...


司法書士Qが刑法犯として逮捕されるのは時間の問題です。したがって、残された時間でQに問われる「人間としての良心」は、どのような行動に向かったのでしょうか?


実は、この記事を書いていて新たな発見がありました。なぜ身内の兄である元司法書士Qには「良心の呵責」がまったくないのか⁈もしかすると、僕の兄は「反社会性パーソナリティ障害」という病気だったのかも知れません。


したがって、良心の呵責が欠如した人間として大人に成長した彼が「司法書士戸籍偽造事件」を起こしたのは、反社会性パーソナリティ障害という病気の具体例を示していたのです。

スポンサードリンク

【まえがき】「人間としての良心」について、質問の答え

私は、戸籍の偽造で、司法書士を辞めました 司法書士 事件ファイル ゆうらりHappySmile


前回の記事で、司法書士Qと同じ立場になった場合の「人間としての良心」について、皆さんならどのような行動をしますか?という質問を出しました。


前回の記事に書いた質問

  1. 警察に行き、素直に自首する
  2. 逮捕される前に、事件の当事者(消費者金融や融資を受けた債務者など)にすべてを打ち明け謝罪する
  3. 事件をなかったことにしようと悪あがきを始める

おそらく、1.か2.と思われた人が多かったのではないでしょうか?ただし、2.の「逮捕される前に謝罪する」ことは、よほどの勇気がないと出来ない行為かも知れませんね。したがって、1.を選ぶのが一般的と言えるはずです。


実際のところ、司法書士Qはどんな行動をとったのかしら?
答えは下のボタン押してみてや。

答えは3.でした。といっても、司法書士Qがとった行動は決して正解ではありません。1.あるいは2.が「人間としての良心」に沿った本来あるべき行動の姿だと思います。


▼前回の記事

プロ格闘家のケンカなど専門家の逮捕は一般人より罪が重くなる?司法書士は?

ブロガーのM(@yulari_happy )です。相続登記で戸籍謄本を偽造し、戸籍にウソの記載をした司法書士Qに対し、法務局と司法書士会は懲戒処分のために動きはじめました。登場人物については下記を参照【体験談】身内に犯罪者がいたらどこまで影響が及ぶ⁈差別は仕事や結婚にも…こんにちは! ブロガーのM(@yulari_happy )です。今回は、身内に犯罪者がいた場合にどこまで影響がおよぶのか⁈という話しをします。なぜ?と疑問に思うかも...


司法書士Qは結局、この事件に関して最後まで反省の気持ちが見られませんでした。それどころか、約20年を迎えようとする現在においても彼の「良心の呵責」は同じと言えます。それにより、僕は兄から1年4か月もの間にわたって再発がんの治療を阻まれているのです。


転移性の肝臓ガン、肝血管腫と診断された時の造影剤CT検査画像


▼関連記事

【体験談】身内に犯罪者がいたらどこまで影響が及ぶ⁈差別は仕事や結婚にも…

こんにちは! ブロガーのM(@yulari_happy )です。今回は、身内に犯罪者がいた場合にどこまで影響がおよぶのか⁈という話しをします。なぜ?と疑問に思うかもしれませんが、僕は犯罪者が身内にいたことでさまざまな差別的扱いを受けた経験のある1人だからです。その身内というのは司法書士Qのことなんです。...

【具体例】良心の呵責が欠如した兄から再発がん治療を妨害されて1年4か月

日本は他国に比べると犯罪者に甘く被害者のケアにないがしろな国です。この国で刑期を終えた犯罪者の再犯率が高いことはよく知られています。


犯罪被害者は、再び世に野放しされた犯罪者からの復讐にいつまでもおびえながら過ごすことになるのです。


実は僕自身も、彼から意味不明な逆恨みを発端として、再発した胃がん肝転移がん治療ができないように妨害されたほか、さまざまな嫌がらせを受けています。


精密検査で肝転移の癌と断定された時の主治医による説明メモ書き


▼関連記事

【がん治療の障害】他人になりすました身内の兄から悪質メールが送信、公開します!

胃癌ブログ『ゆうらり』の管理人Mです。先ほど、このブログのメールフォーム経由で身内の兄から他人になりすました悪質メールが送られてきました。おそらく、送信者の所に「ゆうらりって何?」という名前を付ければわからないと思ったのでしょう。ところが、兄の連絡先については、こちら側にすべて登録されているので、送信元の情報が表示されるのですよね。当然の話しですが…。送られてきたメールはかなり悪質な内容で、ボクのこ...


これは、僕がもしもこのまま普通に過ごしていればいずれ死ぬであろうという「殺人計画」の元におこなわれているようです。


しかし、僕には「人間としての良心」がありますから、たとえどんな状況に追い込まれても復讐や犯罪など考えません。これまでの人生でも「人の道」や「法令遵守」を第一に生きてきました。


スポンサードリンク

司法書士「事件ファイル」をブログ『ゆうらりHappySmile』で書き始めた理由

相続人の中に相続登記できない「行方不明者」がいた! 司法書士 事件ファイル ゆうらりHappySmile


僕は、あの「司法書士戸籍偽造事件」のように、Qから目障りな人間(戸籍偽造事件の時は行方不明者がQにとって目障りだった)としてこのまま再発ガンの治療がおこなえず死に追いやられるのかも知れません。


胃癌が細胞レベルで広がる転移・再発のメカニズムを説明した医師のメモ書き


そこで僕は、生きている間にせめて世の中のために出来ることをやっておこうと思うに至りました。それが、この司法書士事件ファイル』を書き記しておくことだったのです。


僕に限らず、人の道に反した行為をしたり、身内の犯罪者を持ったことで理不尽な思いをされている人はたくさんいます。


そういった方々にエールを送りつつ、少しでも何かのお役に立てばと思いながらこのブログを書き続けている次第です。


また、現在は過剰なまでに債務整理を煽るテレビCMを観れば明らかなように、司法書士のモラルが再び問題となっています。これに警鐘を鳴らす意味でも、過去の過ちを風化させてはならないと考えて司法書士戸籍偽造事件全真相を告白しようと考えたのです。


おそらく、ぜんぶ書き終えるまでに僕はこの世にいられないかも分かりませんが…。

サイコパス(反社会性パーソナリティ障害)とは?ざっくり簡単に言うと…

犯罪者の身内が支離滅裂な逆恨みと繰り返される犯罪


記事の冒頭でも触れたとおり、この話しを書いていて“新たな発見”がありました。それは、なぜ身内の兄である元司法書士Qには「良心の呵責」がまったくないのか⁈という疑問への答えと言えるものでした。


おそらく、僕の兄は「反社会性パーソナリティ障害」という病気なのだと思います。この病気は、良心の呵責が欠如した人間のことをネットで調べていたらたまたま発見したものです。


反社会性パーソナリティ障害」って、初めて聞く名前だわ。どんな病気なのかしら?
ざっくりと簡単に言うと、反社会性パーソナリティー障害とは精神病の1つで、その病気を抱えた精神病者のことをサイコパスと呼んだりするみたいだよ。

サイコパスとは?

サイコパスとは、一般人と比べて著しく偏った考え方や行動をとったり、対人コミュニケーションに支障をきたすパーソナリティー障害の一種と言われています。

サイコパスの主な症状としては、感情の一部に欠落が見られ、とくに他者への愛情」や「思いやり」が欠如しているほか、「自己中心的」であったり、道徳観念」や「倫理観」、「恐怖」を感じないといった特徴があるようです。

なお、サイコパスの原因は、脳の障害先天的なもの)から幼少期の虐待後天的なもの)に至るまで、さまざまな説が考えられています。しかし、現状ではサイコパスになる原因がはっきりと解明されていません。


いろいろとサイコパス(反社会性パーソナリティ障害)のことを調べてみた結果、身内の犯罪者Qがサイコパスの症状にすべてピッタリと当てはまっていたため、僕は本当に驚きました。


ゆうらりHappySmile 管理人Mのジョジョ風の困った顔アイコン画像

そうか。僕の兄はサイコパスだったんだ…


スポンサードリンク

【サイコパス診断チェック】10項目に該当したらサイコパスかも⁈

なお、サイコパス男性の3%女性の1%に見られると言われています。日本全体では、およそ150万人にものぼるというわけです。


司法書士Qから犯罪者Qへ 動くQ


ドラマや映画、アニメなどを観ていますと、イメージとしては『サイコパス ≒ 猟奇殺人者』という感じがしますよね。しかし、これはあくまでもサイコパスの一部に過ぎないそうです。実際には、仕事で優れた成果を出す人や経営者、医者などにも多く存在すると言われています。


ちなみに、あなたの友人や会社の人にもサイコパスはいるかも知れません。


サイコパスの特徴には次の10項目があるとされていますから、あてはまるかどうか診断チェックしてみてはいかがでしょうか⁈


サイコパス診断

次の10項目に当てはまる数が多いほど、サイコパスの危険性は高くなります‼︎

  1. 表面上は口達者だ嘘を交えて
  2. 利己的・自己中心的である
  3. 自慢話をする
  4. 自分の非を認めない
  5. 結果至上主義
  6. 平然と嘘をつく
  7. 共感ができない
  8. 他人を操ろうとする
  9. 良心の欠如良心の呵責がない
  10. いつも刺激を求める

動く司法書士Q 修行だ バージョン


僕の兄は、上の10項目すべてに該当しました。しかも、兄には子供の頃からこのような異常性が見られたのです。しかし、兄の頃はまだサイコパスという病気がほとんど知られていない時代だったと思います。この結果、何も改善されることなくサイコパスの彼は大人に成長したことになります。

【サイコパスの具体例】司法書士Qの「悪あがき」に法務局が怒号を浴びせる!

司法書士Q、逮捕前に悪あがき!?法務局「お前、何しに来たんだ!さっさと帰れ!」人間の良心・質問の答え 司法書士事件ファイル ゆうらりHappySmile


先ほど、司法書士Qが「人間としての良心」で3.を選んだことを書きました。具体的にどんなことをしたのか⁈についてこれから書いていこうと思います。


まず、消費者金融に出向き、正確な理由は告げず(たぶん「債務者から頼まれた」とか言って)に、相続登記の件で債務者が借りた数百万円のお金を肩代わり全額返済しました。これにより、担保物件である相続登記の土地・建物から根抵当権を外す書類を入手したのです。


そして、司法書士Qは次の登記申請書を作成しました。


司法書士Qが作った登記申請書

  1. 根抵当権の全部抹消
  2. 所有権移転登記相続登記の全部抹消

そうです。司法書士Qは、登記簿から犯罪が元々なかった「ゼロの状態」に戻し、犯罪事実そのものを消し去ってしまおうと考えたのです。登記をすべて抹消するための書類を準備したうえで、司法書士Qはそれを管轄の東京法務局福生出張所へ持参しました。


この時代は今とは違い、法務局の受付に登記申請の箱が設けられていました。「受領証」などがとくに必要でなければ、登記申請書を箱に入れればそれですべて完了となります。


しかし、法務局の受付にいた職員は、たまたま司法書士Qの顔をよく覚えていました。きっと、立ち入り調査に同行していたのでしょう。司法書士Qの顔を見るなり、次の怒号を浴びせた(司法書士Q本人から実際に聞かされた話し)のです。


怒った顔をした法務局の職員

お前、何しに来たんだ!


法務局は、司法書士Qが出そうとした登記申請書の内容を見ました。事件を隠ぺいしようとする内容であることが分かると、これを受理しませんでした。法務局から事件性」がある登記と判断されたのです。この当時、登記申請という入り口の段階で最初から書類すら受け付けてもらえないのは、非常に異例のことでした。


さらに、法務局から「さっさと帰れ!」と言われてしまった司法書士Q。すでに明るみになった犯罪を隠ぺいすることなど、到底不可能だったのです。


この記事、おもしろかったわ。
さすがに他の似た記事ないわよねぇ…
あるよ。(田中要次風)
司法書士「事件ファイルのカテゴリ」にあるきん、そっち見てや。

※この記事は、以前にnoteで書いた内容に新たな視点から加筆・修正をおこない、アップデートしたものです。

【実録】 司法書士の事件簿~私が見た戸籍偽造の真相|ゆうらりHappySmile|note

私が運営するブログ「ゆうらり Happy Smile」で執筆した記事『【実録】 司法書士の事件簿~私が見た戸籍偽造の真相』を一つのマガジンにまとめたものです。

これは、私も被害者として巻き込まれ、まっすぐ進んでいた人生のレールを脱線するきっかけとなった「司法書士史上まれに見る重大事件」について、実際に経験したことを備忘録のつもりで書いているシリーズになります。

人生に「タラレバ」はありません。しかしもしこの事件に巻き込まれず、事件を起こした人間と時をともに過ごしてさえいなければ…と後悔の念が払拭できません。

もしかして、過酷な日常生活を強いられたり、手遅れになるほどの大病にもなら

あわせて読みたい
data-matched-content-ui-type="image_card_stacked" data-matched-content-rows-num="6,2" data-matched-content-columns-num="1,5"
現在の人気記事ランキング
事件ファイル