ゆうらり Happy Smile
加門亮、死去 胃がんの全身転移のため 紅白出場の演歌歌手 61歳

加門亮、死去 胃がんの全身転移のため 紅白出場の演歌歌手 61歳

がんニュース
2020/03/31
胃がん_ブログ_ゆうらりHappySmile_管理人M_イラスト_アイコン_画像
M
#加門亮 #胃がん #訃報 #紅白歌手 #演歌 #歌手 #末期がん
加門亮 ビオレ顔 イラスト画像
胃癌ブロガーM@yulari_happy ) です。

NHK紅白歌合戦にも出場するなど、 演歌歌手 として活躍した 加門亮 (かもん りょう)が、 胃がん転移 による 多機能不全 のため30日午前10時54分に都内の大学病院で 死去 していたことが報じられました。享年61歳
スポンサードリンク

NHK紅白歌合戦出場人気演歌歌手加門亮 が亡くなったニュースは、 紅白出場の加門亮さんが死去 61歳 2年前に胃がん発覚、療養中だった という記事になっています。


 所属事務所の佐々木友子代表によると、加門さんは2018年の8月夏ごろから腰の痛みを訴えていた。当初は整形外科を受診したが原因が分からず、その後内科を受診して胃がんが見つかった。昨年の3月に入院したが、この時すでに手遅れの状態で、余命2カ月と宣告されたという。

 それでも「もう一度、歌いたい!」と強い意志で1年間、病に立ち向かった。その頑張りで一時は退院できるまで体調が回復したが、ついに病魔には勝てなかった。肺、肝臓、リンパ、骨盤と最後は全身に転移。3月中旬には「いつなにがあってもおかしくない」との宣告を受けていた。


加門亮千葉県出身。高校を卒業した加門は 料理人 になるのを目指して 料理店で修行 をしていた時期もあり、 調理師免許ふぐ調理師免許 を取得しています。



1988年9月にシングル「海峡物語」で歌手デビュー。低音が響く歌声は「平成の石原裕次郎」と称され、 ダンディームード歌謡 を持ち味に歌って人気を博しました。



95年に発売した「男の慕情」がヒットしたことで、加門はその年の 第46回NHK紅白歌合戦初出場 しています。その後も「霧情のブルース」や「麗子」などのヒット曲を出すなど活躍。しかし、昨年2月14日に出演した企画コンサートが加門にとって歌手活動の最後となりました。


加門の目標は ミリオンセラー歌手 になることだったといいます。


謹んでご冥福をお祈りいたします。


この記事が気に入ったら
いいねとシェアしよう!

あわせて読みたい
data-matched-content-ui-type="image_card_stacked" data-matched-content-rows-num="6,2" data-matched-content-columns-num="1,5"
現在の人気記事はコチラ!
がんニュース