ゆうらり Happy Smile
【大団円】何事も決してあきらめないで!あなたに贈る言葉、座右の銘

【大団円】何事も決してあきらめないで!あなたに贈る言葉、座右の銘

事件ファイル
2020/03/23
胃がん_ブログ_ゆうらりHappySmile_管理人M_イラスト_アイコン_画像
M
#司法書士 #事件ファイル #戸籍偽造事件 #中尾翔太 #あなたに贈る言葉 #座右の銘 #升田幸三 #大山康晴 #チャップリン #吉永小百合
【大団円】何事も決してあきらめないで!あなたに贈る言葉ブロガーのM(@yulari_happy )です。

以前にこの記事をnoteで書いたのは2018年のことです。3月から、胃がん治療に専念するため活動を休止していたEXILE TRIBEの9人組パフォーマー集団「FANTASTICS」のメンバー中尾翔太さんが同年の7月6日に亡くなりました。

僕自身、同じ「胃がん」を経験した身として、この訃報を知ったときは非常にショックを受けました。
スポンサードリンク

天はなぜ理不尽なのか!?

なぜかというと、中尾さんのような輝かしい未来のある将来有望な若者に対し、天はあまりにもムゴイ仕打ちをしたからです。


中尾さんはただまっとうに夢を追い続けて生きてきただけで、何も悪いことをしていないはずです。なぜ22歳という若さで人生の終焉を迎えなければならないのでしょうか?


その裏では、犯罪を犯すもまったく反省の色を見せず、世間の中にひっそりと隠れながら生き続ける元犯罪者もいるのです。世の中というものは本当に理不尽だと思わされます。


私は、戸籍の偽造で、司法書士を辞めました 司法書士 事件ファイル ゆうらりHappySmile


今も、バレなければ悪い企てばかりをおこない、常に自分の得と相手の不幸を考える人間こそが身代わりになれば良いのに、と思いませんか?


悪徳先生。チミのことだよ!!


動く司法書士Q 修行だ バージョン


かなりの反響をいただき、多くの賛同メールありがとうございます。


スポンサードリンク

決してあきらめないで!!あなたに贈る言葉/座右の銘

【大団円】何事も決してあきらめないで!あなたに贈る言葉

Web検索などによりこの記事に辿り着いた方は、DVやブラック企業における過酷な労働、他人の理不尽な嫌がらせなどで苦しんでおられる場合もあるのかも知れません。しかし、決して諦めないで下さい。もし、今のあなたがどん底の境遇にあるとお考えなら、これ以上悪くなることはないはずです。


僕は将棋が好きなので将棋に例えます。将棋を指していて、どうしようもない劣勢に陥ることは多々ありますが、そんな時は「難しい手で頑張り!」と、自分に言い聞かせるようにしています。そうして諦めずに粘っていれば、相手から転ぶケースも多く、数多くの逆転勝ちを収める事が出来ました。上記の中尾翔太さんのように、理不尽なことが起きてしまう世の中ではありますが、中尾さん自身も最後まで決して生きることを諦めなかったはずです。


では、何事にも諦めずにいるためにはどうすれば良いのでしょうか?人間は決して一人では生きていけない生き物です。自分を追いつめてしまう時って、悩みを一人で抱え込んでいたり、誰にも相談できなかったりする場合に起こりやすいものです。なるべく誰かを頼り、孤独にならないことが重要です。しかし、それがすぐには難しい場合もあって、方向性の選択に困ってしまう場合もあります。


そんな時、ボクは「先人の言葉」を思い出すようにしています。例えば、将棋には先人の残した『格言』というものがあり、自分が次の手をどう指してよいのか分からなくなった時に、考えるヒントとして役立つ場合があるものです。自分なりに共感を得た言葉や、ためになった言葉を「座右の銘」としてメモに控えておき、困った時に思い出してみると「道しるべ」としてのヒントを与えてくれるかも知れません。


参考までに、ボクが困った時に思い返すことが多い言葉を記しておきます。これをボクからの「贈る言葉」として本シリーズの結びとしたいと思います。


スポンサードリンク

山より大きなイノシシはいない

「山より大きなイノシシはいない」。これは、ボクが好きな将棋の天才棋士・升田幸三実力制第四代名人の言葉です。山より大きな猪なんてこの世にいないのだから、何事も恐れる必要なんてないのだよ、という意味です。



升田 幸三 (著)
内容(「BOOK」データベースより)
「名人に香車を引いて勝つ」と物差しの裏に書き遺して家を出た少年期、広島での放浪生活、大阪の木見八段への入門、終生のライバル大山康晴との出会い、阪田三吉の思い出、宿敵・木村名人との激戦、「陣屋事件」の真相、そして悲願の成就。不世出の将棋名人が自ら語る、波瀾万丈の半生記。

著者略歴 (「BOOK著者紹介情報」より)
升田/幸三
大正8年、広島生まれ。十四歳で家を出、木見金治郎名人に入門する。昭和27年、木村義雄名人を破り王将位獲得。昭和31年には大山康晴名人に対し「名人に香車を引いて勝つ」という将棋史上空前絶後の記録を残す。昭和32年、名人位を獲得し、史上初の三冠達成。ライバル大山との数々の名勝負をとおして「大山升田時代」と呼ばれる一時代を築く一方で、「新手一生」を掲げ常識を覆す独創的な新定跡を次々と創作していった。平成3年没(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)



こっちがくたびれていれば、相手もくたびれているはずだ

これは、将棋界に何十年もの長きにわたり無敵時代を築き上げた大山康晴十五世名人の言葉。昭和46年の名人戦七番勝負で、挑戦者の升田幸三九段からカド番に追い詰められたとき、このように自分へ言い聞かせたと記されています。


 カド番である。四局目ではまだ先があったが、もうあとがない。観念したというのは本音であろう。

「完全にバテちまった。名人戦の合間に十段戦や棋聖戦を指して、月のうち十日近く盤の前にすわっている状態なんです。くたびれてたねえ、ホント」

 だが、ここであきらめるようでは、五冠王なんて人間ばなれした記録は残せていない、待てよ、と考え直す。

「こっちがくたびれていれば、相手もくたびれているはずだ。まして升田さんは、私より五つも年長。歯をくいしばってがんばったら、なんとか道がひらけるんじゃないか。そう思い直したんです」

引用:「将棋世界」昭和46年8月号/29~30ページ


このように自分に言いきかせた大山名人は、第6局のカド番を跳ね返し、続く第7局にも勝利。名人位通算18期という前人未到の大記録を樹立しました。

映画「チャップリンの独裁者」の演説

ボクが人から何か嫌なことをされた時や理不尽な目に遭った時、人に対して憎しみの心を抱いたような時は、チャップリンの演説を聞き、寛容な気持ちを取り戻すように心がけています。

いい人はいいね

これは、ボクが吉永小百合さん主演の映画「伊豆の踊子」を観たとき、吉永さんが言っていたセリフです。人から良くしてもらった時はこの言葉を思い出し、感謝の心を忘れないように心がけています。




Prime Video
¥300-¥2,000映画をレンタルまたは購入
発売元:Amazon.com Int'l Sales, Inc.
大正末期、作家川端康成の基点となった名作文学の映画化。伊豆を旅していた学生の水原(高橋英樹)は、旅芸人の一行と知り合い、道中をともにするように。中でも、一行の中の少女・薫(吉永小百合)の初々しさに、水原は惹かれていくのだが…。永遠のアイドル・吉永小百合が純情なヒロインを演じ、頭脳明晰で孤独な高校生役の主人公には人気絶頂期の高橋英樹が扮する絶品の文芸ドラマ。(C)1963日活株式会社

ジャンル ロマンス, ドラマ
監督 西河克己
主演 吉永小百合, 高橋英樹, 浜田光夫




もしもボクがもう少し生きていられたなら、続編「土地家屋調査士の事件ファイル」を執筆する予定です。またお会いしましょう!!


司法書士Qの動く横山弁護士風イラスト


この記事、おもしろかったわ。
さすがに他の似た記事ないわよねぇ…
あるよ。(田中要次風)
司法書士事件ファイルのカテゴリ」にあるきん、そっち見てや。

※この記事は、以前にnoteで書いた内容に新たな視点から加筆・修正をおこない、アップデートしたものです。

【実録】 司法書士の事件簿~私が見た戸籍偽造の真相|ゆうらりHappySmile|note

私が運営するブログ「ゆうらり Happy Smile」で執筆した記事『【実録】 司法書士の事件簿~私が見た戸籍偽造の真相』を一つのマガジンにまとめたものです。

これは、私も被害者として巻き込まれ、まっすぐ進んでいた人生のレールを脱線するきっかけとなった「司法書士史上まれに見る重大事件」について、実際に経験したことを備忘録のつもりで書いているシリーズになります。

人生に「タラレバ」はありません。しかしもしこの事件に巻き込まれず、事件を起こした人間と時をともに過ごしてさえいなければ…と後悔の念が払拭できません。

もしかして、過酷な日常生活を強いられたり、手遅れになるほどの大病にもなら

あわせて読みたい
data-matched-content-ui-type="image_card_stacked" data-matched-content-rows-num="6,2" data-matched-content-columns-num="1,5"
現在の人気記事ランキング
事件ファイル